さいころが趣味を語るブログです

小説レビュー第43弾 竹内洋岳『標高8000メートルを生き抜く 登山の哲学』

92点NHKの特集見てこの人を知りました。

イヴの時間 映画版 見ました

87点

小説レビュー第42弾 泉鏡花『歌行燈』

86点

小説レビュー第41弾 プレヴォ『マノン・レスコー』

81点愛

小説レビュー第40弾 リチャード・バック『かもめのジョナサン』

70点こういう説教臭い話、少なくともぼくは好みじゃなかったです。

小説レビュー第39弾 筒井康隆『残像に口紅を』

94点最近点数が甘い気がするけど

小説レビュー第38弾 ボンテンペッリ『鏡の前のチェス盤』

78点30分ぐらいで読めます。

小説レビュー第37弾 ジョージ・オーウェル『1984年』

87点疲れました。

小説レビュー第36弾 泉鏡花『草迷宮』

88点難しかった。7割ぐらい理解したかも。 場面場面を丁寧に追っていけば読めます。

小説レビュー第35弾 シャルル・ペロー『眠れる森の美女他』

80点年末にテレビ見ながら読みました。

小説レビュー第34弾 誉田哲也『ストロベリーナイト』

80点長かったけど平易なのでサクサク読めます。 今さら映画を見たのと、母親が「気持ち悪くて途中で読むのを諦めた」と言ってたので試しに読んでみました。ふと思ったんだけど「意外!黒幕はまさかあの人!」って驚きがそれほどなかったです。 理由は「この…

小説レビュー第33弾 カート・ヴォネガット『人みな眠りて』

85点

小説レビュー第32弾 アガサ・クリスティー『ゼロ時間へ』

91点クリスティー自選ベスト10全部読んでみようキャンペーン4作目怒濤の伏線回収に圧倒されました。 友達と東京で遊ぶ予定をすっぽかされて待ってる間に読みました。

小説レビュー第31弾 泉鏡花『夜叉ヶ池・天守物語』

92点妖怪ものか~と思ってあんま期待してなかったけど良い

小説レビュー第30弾 ウィリアム・アイリッシュ『幻の女』

82点夜は若く、彼も若かったが、夜の空気は甘いのに、彼の気分は苦かった

小説レビュー第29弾 泉鏡花『春昼・春昼後刻』

97点傑作

小説レビュー第28弾 角田光代『トリップ』

80点非常によかった。

小説レビュー第27弾 エドガー・アラン・ポー『黒猫/モルグ街の殺人 他六篇』

81点普通 早すぎたmy soul

小説レビュー第26弾 ロバート・A・ハインライン『夏への扉』

83点テレビ見たり集中できない環境のなか読みました。 夏なので。

小説レビュー第25弾 泉鏡花『高野聖・眉かくしの霊』

83点よかった

小説レビュー第24弾 ジェイムズ・ジョイス『ダブリナーズ』

68点難しかった。 翻訳本の欠点だと思った。 ダブリン市民の改題。 7/1に泉鏡花記念館に行ってきました。 とてもよかったです。 おすすめ。

小説レビュー第23弾 恩田陸『蜜蜂と遠雷』

89点素直に面白かった。2017/7/9 内容を修正

小説レビュー第22弾 リング・ラードナー『アリバイ・アイク他』

79点まあまあ

小説レビュー第21弾 泉鏡花『外科室・海城発電他五篇』

91点特に琵琶伝がよかった。 おしゅしゅめ

小説レビュー第20弾 シャーリィ・ジャクスン『日時計』

87点

小説レビュー第19弾 シャーロット・マクラウド『蹄鉄ころんだ』

78点ツキが逃げる。 さくさく読めます。

小説レビュー第18弾 ラファイエット夫人『クレーヴの奥方』

85点

小説レビュー第17弾 アガサ・クリスティ『春にして君を離れ』

93点クリスティ自選ベスト10を全部読んでみようキャンペーン適用外。とても面白かった。

小説レビュー第16弾 ジェイムズ・ディッキー『救い出される』

76点わが心の川。好みではなかった。

小説レビュー第15弾 パトリック・モディアノ『迷子たちの街』

86点モディアノ4作目